HKT48豊永阿紀人生初経験にドキドキ想定外のことが起きている

編集部writer:maki

HKT48の4期生でチームHに所属する豊永阿紀18が1月17日、豊永阿紀HKT48トーク755にて人生初の話を明かしている。福岡空港から東京へ向かう機内での出来事を臨場感溢れる文章で表現しており、彼女のドキドキ、ワクワクする様子が伝わってくる。

旅客機では座席の位置はもちろんだが、なにより気になるのが隣席が誰かである。HKT48の仕事で移動する場合はメンバーが座ることが多い。今回、彼女は後方の真ん中のブロック、通路側で、隣の隣はみくさんだったというから田中美久が1つおいて隣に座ったのだろう。

すると豊永と田中の間の空席にお隣よろしいでしょうかと座ってきたのは、まさかの制服をまとったCAさんだった。想定外のことが起きていると戸惑う豊永は緊張しながらもこんな機会、滅多とないので観察することにした。

所作が美しい。さすが女性の憧れの職業。かっこいい。腕時計買いたい。そしてなにより、姿勢がいい。当たり前のことを言ってるように聞こえるだろうが、飛行機で2時間と少し、その姿勢のキープ、シンプルにすごい。そして、何より安心感があるとCAさんに魅了されているとさらに予想外な出来事が起きる。

別のCAさんがブランケットやイヤホンを持って歩いてくると、

豊永の隣に座っているCAさんが声をかけた。研修のようなものだと直感した彼女はテ、テレビでみたことあるやつだーーとまたしても感動に襲われるのだった。

そのように感受性豊かな豊永阿紀だが、実はHKT48に入るより早く2015年放送のオーディションリアリティ番組ザラストヒロイン〜ワルキューレの審判〜東海テレビにチャレンジしている。残念ながら最終合格者ラストヒロインにはなれなかったが、当時の熱意は今もファンの間で語り草だ。

2016年7月12日にHKT48夏のホールツアー2016〜HKTがAKB48グループを離脱?国民投票コンサート〜でデビューすると、2017年6月17日に開票イベントが行われたAKB48第9回選抜総選挙では79位に入った。11月26日に正規メンバーとしてチームHに所属しており、これからの活躍に期待したい。

画像は豊永阿紀HKT48トーク2018年1月17日付755人生初の話のスクリーンショット

編集部真紀和泉

1月18日(木)

おはようございます

今日は公休日のため

のんびり始動しました

今朝は珍しく濃霧でしたね

昼間はまた15℃を超えて

気温差がありますが、

引き続き体調には気をつけて

いきましょう

本日もよろしくお願いします

広告を非表示にする

他にも結構いたね中山美穂が椿鬼奴に見え

他にも結構いたね中山美穂椿鬼奴に見えたって人

返信先ぜひぜひまた、タイミングあったら

返信先ぜひぜひまた、タイミングあったら遊びましょうノ

こういう奴等ってアートだと思って無いからね

日比谷線車両に落書き15メートル 器物損壊容疑で捜査

(朝日新聞デジタル - 01月17日 12:47)

染まる

ピンクに染まる大地〜この後サンピラーの撮影に向かしました。

2018.1.14撮影

広告を非表示にする

夢と自信と

俺は出来る。絶対に。

 そう毎日言い聞かせてる。

弱音ははかない。パンツもはかない。夢ははかない。パンツも履かない。

 色々なことが起きる。

自信の根拠なんて無い。ただ俺がおもっただけ・・

途中からこじつけて、前向いてる時もある・・

でも、絶対に下げない。

 困ったときほど相手の目を覗き込んでる。

俺は出来る。絶対に。って・・

 新しいことのチャレンジを始める。

他のやらないこと。

なんでやらないの?

先人の知恵で「ダメ」ってわかっているの?

それとも「画期的な発明」?

 正直不安、泣きそうなぐらい・・

でも、見せない。お盆で隠す。魅せない。笑吉100%・・

 俺は、俺。

俺しかいないくて・・・

俺がするって決めたんだ。

うん。決めた。

 少しこの覚悟を止めたいときもあるけど・・

決めたんだ・・・

広告を非表示にする