さすらいの花

散歩道の脇にテッポウユリ(鉄砲百合)らしき白い百合が一叢咲いてゐます。

近づいて見ると、花弁の外側に薄い紫色の筋がはっきりと見られます。

これはテッポウユリの近縁種のタカサゴユリ高砂百合)の特徴です。

タカサゴユリは台湾原産で、日本には1924年に移入された帰化植物です。

花はテッポウユリより大きく、花長は 15-20cm、直径は 5cm ほど、草丈も高く、葉が細めです。

ただ、テッポウユリとの交雑種が多く、違いが外見からは判別しにくい場合もあるさうです。

道で見つけた百合は、紫の筋、丈、花の大きさと言ひタカサゴユリそのものと思はれます。

タカサゴユリは、連作障害が出やすく、数年経つと姿を消してしまふさうです。

種子が風に乗って各地に拡がり、ときに群生して、数年経つとまた他の地へ旅立つさすらいの花です。

「“つれづれなるまま”」のSNS版です。

Blog版をご覧いただける方は是非下記URLをお訪ね下さい。

http://stajiri1123.blog20.fc2.com/

「“つれづれなるまま”」のFacebook版です。

Blog版をご覧いただける方は是非下記URLをお訪ね下さい。

http://stajiri1123.blog20.fc2.com/

広告を非表示にする