終戦記念日

昨日の終戦記念日は、会社のトイレにこもりながら正午から1分間の黙祷をしました。

天皇陛下とぴったり同刻におこなうのが私流のこだわりです。

心をひとつにしている感じがなんともいえず人格を浄化されるようで。

毎年恒例の大切にしているマイ行事なのです。

毎年15日は偶然にも仕事の事が多く、

他人にあまり興味をもたない職場ならお昼休みにチャイムと同時に黙祷に入れますが、

今のところは個人にとかく介入してくるところなので、

途中遮られることを避けてトイレなんて事に(泣)

来年はもう少しましなところでこの時を迎えたいと思います。

北朝鮮がやんちゃしてるのを見ていると恥ずかしくなるのは私だけでしょうか?

TVで流れる度に70年前の我国を見せつけられているようで赤面しています。

大事なこと!

それは、かろうじて親がたまに語ってくれた戦時中の断片を元に知識で完成させて事実としての戦争を、しっかりと我の子どもの世代に伝えること。

我の親の世代は、多くは語ってくれませんでした。

忘れたかったんだと思いました。

せっかくの平和に水をさすとばかりに口をつぐんでしまったのかもしれません。

戦後70年

今の大学生位の年齢の人に、むかしむかし日本とアメリカが戦争をした事実を知らなかったり、

で、どっちが勝ったの?

なんて言う会話を電車で耳にした時はびっくりしましたが、

それもこれも我がしっかり教えてこなかったんだという気づきが、彼らの無知をどうこう言う前に私自身の反省として深く心にのしかかってきました。

来年はできればきちんと靖国神社に足を運ぼうと思います。

堂と日の丸バッチを胸につけて。

日本人としての最低限の行いを怠りたくないから。

広告を非表示にする